一歩先と今では世界が全然違います

全然考えてなかったチャットレディで働いている私

あゆな 21歳

チャットレディ歴1年5ヶ月

元々、東京が地元の私にとってチャットレディー的な仕事はタブーでした。もちろん風俗で働くなんて考えるだけで心臓ばくばくでヤバイです。でも20歳になった、ある日、ネットでなんとなく気にとまった求人。

それがチャットレディーでした。

当然、始めは地元で、そんな仕事をしていればすぐに噂が広まると心配しました。ただし忘れていました。ネットは匿名で話せるって。この匿名性がまた巧妙で、もし地元の知り合いとチャットをしなくちゃならなくなっても隠せる方法があったんです。

それはサングラスやマスクをかけてチャットをするというものです。

サングラスはオシャレの為にかけていると言えばいいし、マスクは風邪をひいているだとか、花粉症だとか言えば通るのです。その上で知り合いとチャットになったらある程度話をして、バイバイすればいいのです。

 それまではサングラスやマスクでしのげば、それでオッケーでした。

…――風俗との決定的な違いはここでした。

当然、働くサイトによっては規約違反になってしまうかもしれません。なので事前に規約をよく読んでオッケーなサイトを選べばいいだけ。地元が東京の私が1年5ヶ月もチャットレディーの仕事が続いているのがいい証拠ですね。もちろん時給もいいし、なにより在宅で空いた時間だけ仕事をすればいいこの仕事で今まで嫌な思いをした経験はありません

とても幸せなチャットレディー生活を送っています。もし勇気や踏ん切りがつかない女子がいたら言いたいです。

 思い切って、一歩踏み出せば世界が変わるよって。

 …――なにせこの仕事は女子しか出来ない仕事なんですからね。